Back

2018年 8月〜12月

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月


18/8/14(火)お盆休み

 前回のログでも少し触れていますが、何故か五月が異様に長く感じていた(というか“いつまでたっても五月”という印象だった)のですけど、その反動なのか六月はこれまた異様に早かった

 というか、記憶に無い。

 長い五月がようやく終わったと思ったら七月だった、っていうイメージ。気がつけば六月が終わっていて、ああ、今回は本当に(?)言い訳なしで(?)六月の日記が丸ごと書けなかったな、と思っていたのですけど

 書いてた。(全く記憶にございません

 ちょっとホラーだった
 で、七月は正真正銘(?)丸ごとログが抜けたのですけど、こっちは完全に暑さで余裕がなかったせいで、八月のお盆休みにはちゃんと更新しようと思ってエディッタ開いたときの六月のログを見たときの驚きたるや。

 暑い日が続いてますね。先日、大阪・高槻を地震が襲ったときにはその隣の水無瀬で「おおおおゆれるゆれるゆれるぅぅぅ」な事を体験し(全くの無事)、その後、神戸を襲った大雨の時は正にその渦中たる芦屋の海沿いで荒れ狂う風雨の中「眠さに耐えられない」という理由で車の中で寝ていたり(流されるかと思ったけど超・無事)、振り返ってみると何か結構ヤバい所にいたなー、って感じのtaka2ですこんばんはそして暑さは地獄並み。

  

 

 久しぶり(にしてまた停滞しそう)なのでちょいと長文いっときましょう、まずは恒例(?)お盆休みの長距離ドライブ。自己満足なログで長いだけなので、趣味のお話まで飛ばすならこちらから。

 11日(土)からの15日(水)までのお休み期間で、世間様の帰省ラッシュを予想しつつ上手く渋滞を回避しながらどこかへ向うとするなら何処にしよう、と休み前に考えていたのですけど、とりあえず段取りは後で考えるとして目的地はずっと行こうとしていけずじまいに終わっている九州・熊本にターゲットをあわせます。ちなみに“何故”という理由は簡単、母方の故郷(もう向こうに“田舎”はないけれど)だからです。
 何やら今年は分散を狙ったと見せかけたネクスコのぼろ儲け作戦休日割引日程のスライドで何処に出発日を設定しても高速の休日割引が効かないので、必然高速道路を使用するなら深夜割引の効く時間帯に合わせます。味気の無い高速道路を使わないで下道(R9方面がお気に入り)使えればいいのですけど、流石に時間と体力が持たないので、R372を併用して加古川ないしは姫路から高速に乗って後は目的地まで高速ドライブで走り抜けていく作戦。
 私のように“カレンダー通りの休日”で動く人は結構多いだろうし、何より仕事終わってからその夜に出発とか流石に出来ない歳になった(涙)ので、一日ずらして11日の夜(12日の深夜)から出発して13日の午前中に九州、あるいは熊本に到着するイメージで、帰りは疲れを計算して14日の昼過ぎに戻れればいいかなという感じ。大体、現地での大きな移動を計算に入れなければ往復1200〜1400キロくらいの行程でしょうか。最近、これ位の距離走らないと満足できない自分が居ます。

 で、予定は立てていたものの予想はしていたのですけど休日に入って一日目に様子見てたら「あ、こりゃだめだわ」って感じの疲労感で、とてもじゃないけどその日の夜に出発できそうな気配が無い。加えて、何となくPUPG(ゲーム)がやりたくなってclaviさんにチャットで色々教えてもらいながらセットアップしていたのですが、最終的にPCのスペックがまるで足りてなくて動かないという、超初歩的なミスを犯してしまい、精神的にダメージを食らって11日は終了。
 もう、一日出遅れたからやめとこうかなと心が折れかけたのですが、何とか自分を動かして12日の夜に出発。一路熊本へ! と踏み出したのですが程なくして

 いや、やっぱキツすぎる。

 って、心にひびが入る。以前なら何の疑いもなく弾丸のように走っていったのですが、この辺歳くったせいでやたらとチキン的な守り思想に行動が制限されてしまいます。(溜息
 実際、時間が厳しく且つ勘違いで頭の中で“お盆休みは16日まで”という計算で考えていて、実際一日足りてない事に気づいてこりゃだめだわと。更に14日の夜に人と会う約束までしていた事を失念しており、最悪このスタートから明るくなるまでに下関くらいにたどり着いて、そこから更に無休憩で熊本に走りこむ元気がないと時間的に厳しいな、なんて思いながら姫路から高速インして走っていたのですけど

 広島過ぎた辺りで、諦めた。

 全く時間と体力が足りてない。
 寝落ちギリギリ前にSAに停まって仮眠した後、流石にここまで来て何もしませんでした、何ていうのは何かちょっとだけ勿体無い気が少しだけした(微妙)ので、何か“理由”をつけようと、近隣の地図を見て代わりの目的地を探します。
 広島には一度アルテッツァに乗っているときに訪れていて定番(?)の原爆ドームには行っていた(通って見ただけ)ので候補に挙がらず、かといって何か食べ歩きするのも全く趣味じゃないのでどうしようかなと悩みながら、色々と海戦(戦艦)もので出てくる呉の港でも見に行こうかなと思いながら、辿り着けなかった先の地図を見てふと思う。

・・・山陽から、中国に戻れる?

 走っていたのは山陽自動車道。ここから先に進んで山口県辺りの(名前忘れた)JCTで中国道に合流して、当初予定ではここから下関を通過して九州へ、だったのですけど、その合流地点で九州方面ではなく広島方面へ戻ってみたらこれってつまり・・・・

 自主規制。(何となくヤバい

 つまりETCマジック
 ここからは詳しく書けませんけど、とにもかくにも非常に“私らしく”全く何もしないブーメラン純ドライブ900キロをキメてまいりました。本当に自分がドライブを楽しんだだけ且つほぼ高速道路オンリーな旅だったので殊更書き上げることはないのですが、一つ感じたのがカーナビ(あるいは携帯ナビ)の普及による流れの偏りが顕著だった、という所でしょうか。私自身も往路はルートナビゲーションと同じ(頼ってない)山陽自動車道路を走ったのですが、連休日程の隙間を狙った深夜にも関わらず、見るからに運転レベルの低いサンデードライバー達が結構走っていてストレスだったのですが、逆にルートナビでは選ばれないであろう、中国自動車道が復路で見る限り午前中の明るい時間帯にもかかわらず、どこか先か後ろで通行止めでも始めたのか? というレベルで車が少なく、広島の手前までは少ないどころかほとんど両方向とも走ってませんでした。
 地図上で見れば中国道よりも山陽道の方が走りやすく見えるし、故にナビがそちらを選んでいるのでしょうが、こういった目的地までの道のりが複数本ある場合にはナビの選ばない、あるいは第二候補以下のルートを選ぶと、驚くほど車が少ないという場面が少なくなさそうです。一度ご検討あれ。

 

 さてはて、長々とドライブログを書き連ねましたが、今度はいつもの(?)お話。
 ちょっと愚痴なんですがね。最近買ったゲームが全てハズレなんですよね。それも“ああ、思ってたのとはちょっと違ったな”レベルではなく

 ・・・金返せ!

 レベルな大ハズレものばかりで。
 さて、前置き書いてたらとてつもなく長くなったのでまるっと消去して本題に入ります。PSストアにて予約告知が出ていたのを見つけ、そこに書いてあった“ハイスピードメカアクション”の文字に惹かれて何の予備知識もなく調べもしないで予約注文(しかも特典つきな奴)をポチしたタイトル、ボーダーブレイク
 久しぶりのロボゲーだったので結構楽しみにしていたのですよ。まぁセガが出すものだから大満足はしないだろう(PSO1の存在を忘れてた)けど、対戦方式がSLAIみたいな感じだからそれなりに遊べればOKだよね、って軽い気持ちで購入したのですが

 マジ、金返せ。

 何ていうかね。調べなかった・よく見てなかった? 私が悪いのかもしれませんが、一応記憶にある限り予約するときには“基本無料”なんて言葉はどこにもなかったと思うんですよね。

 普通にフルプライスのゲームだと思ってたのですよね。

 で、発売日当日になってPS4起動して、何となくストアに行って宣伝ページ見たときにデカデカと書かれた“基本無料”の文字を見て

 あご外れそうになった。

 私“基本無料”を一切信用もしなければ期待もしないと誓ったので、先に知ってたら予約なんてしなかった。“見てからやった”。
 もう騙された感ハンパないところに更に追い討ちがくる。こっちは私が無知で調べなかったのが悪かったのですけど、これってアーケードの移植版なんですよね。

 つまり、リリース以前から経験者が存在するわけで。

 クローズ/オープンβどころの話じゃない。アセンが絡む対戦ロボゲーでその差埋めるのに一体どれだけ苦労させられるのかと。
 一気にゲーム起動が億劫になって、タイトル画面見て消してやろうかと思ったのですが(既に高いお金払ってるので)ぐっと堪えてオフラインストーリーでゲームを開始したのですけど、これがまた、最近のゲームにしては珍しく、いきなり最初からやたら難易度が高い。撃墜されても再出撃OKなルールだからか、CPUが最初からやたら容赦なくて、自分のプレイヤーレベルが高いとは言わないですが流石にこの手のゲームには慣れていて“最初からそれなりに勝手がわかる”程度には慣れのあるレベルであるにも関わらず、最初のステージでCPUにボコられ放題ストレス超マッパ的な撃墜・全滅食らってクリアすら出来なかった

 この手のゲーム、苦手な人がやったら、即投げられるぞ?

 なんですかね。アーケード経験者に的絞ってるのでしょうか。
 仕方ないので“本気で”基本を調べて操作をイメージし、勝利条件調べてキーアセンしてオプション調整して初めてようやく、まともにストーリー進められましたけど、オンライン対戦重視でこの辺のバランス結構雑なんでしょうか。確かに後でやったオンライン戦にあるビギナーマッチやトレーニングの方がオフラインよりも遥かに簡単でストレスがなかったのですが、こういう部分の作りが雑だとどうしてもやる気あるのか? と考えてしまいます。

 まぁ、その辺のシステムは自分の好みに合わなかった、と捨て置くことも可能なのですが、多分誰しもが思うであろう、この手の“ロボアセンゲーム”にして正気を疑うレベルでクソなのが

 機体パーツ購入が、ガチャオンリー

 な点。
 ゲーム内ポイント(クレジット)ないしはリアルクレジットでポイントを買ってガチャを回して機体パーツ集めるのですが、当然ガチャなので何が出てくるかは判らない。ポイント貯めても自分が欲しいパーツが買えない。パーツ揃わないからオフラインストーリーとかアセンを状況に合わせて有利にしたりとかも楽しめない。

 なめてんのか。

 なんですかね。これがもう今の時代のスタンダードなんだといわれれば中年ゲーマーは捨て置かれるだけなんですけど。そのゲーム自体も(現時点では)“ハイスピードメカアクション”の名に劣るとも勝らないもっさりバトルでまるで面白みが無い。

 やっぱね。ACが偉大だったその所以は“ゲームがシステム的に完全に終わってから始まる”所だったと思うのですよ。全てのミッションをコンプリートして全てのパーツを揃えきる。こうやって書くだけでも普通のゲームなら“その後、何するの?”なんですけど、あのゲームはそこからが始まりだったのがすごい。

 勿論、課金なんてしません。(できない

 アーケード発のゲームだからって、ちょっとこれは無いのではないか。何かゲーム始めてここまで酷評したのってエース5以来じゃないでしょうか。エース5は後で評価ひっくり返しましたけど、これは流石に無理なのではないか。
 もうここ最近の悪当たりは、語る以前に思い出すのすらはばかられるトキトワの呪いなんですかね、売り飛ばして処分してお祓いでもした方が良いのではないかと本気で思い始めましたよとほほ・・・。

 更に続けたかったのですが、流石に長すぎるので翌日ログに持ち越します。


18/8/15(水)お盆休み

 前回の日記は長くなりすぎた&内容が不毛すぎたので、ログを二分割して後半戦。本当は14日のログなのですがアップロードを一日遅らせて始めます、こんばんは? taka2です。

 

 何ていうかネガティブな事が続いていたある日。ここは一発、当たり鉄板なモノで癒されるしかないな、と考え、ゲームはEDF5で鉄板確定で良いのですが、今は“物語”が欲しくて、“お話”に癒されたいなと思い、トルネでPS3に録画されて積んでいたタイトルの中から一つを再生します。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

 ボダブレで痛い目にあったにもかかわらず、全くの無知状態から“なんとなくよさそう”と勝手に思って選んだのですが、まぁCMで見た綺麗な絵にはとても惹かれたので最悪ハズレはないだろうと録画したファイルを開いたのですけれど

 ・・・あれ? 最初のファイルに“新”が付いてない?

 録画されたファイルの一番最初・・・つまり、その時の新番組を示す“新”のマークがそのファイルには付いているはずなのですが、それが付いてない(タイトルに話数表示がなかった)。嫌な予感がして最終回まで録り貯めしてあるファイルを数えてみると、9話しかない

 よりにもよって、見たい作品が録画ミスされてるとか!!

 どうでもいいタイトルは全削除されるまで全話揃ってあるのに、どうしていつもいつも見たい番組はどこかでミスしているのでしょうか。なんというマーフィーの呪い

 ですがこの時点では“あーあ”くらいにしか思ってなかったのです。下手をすれば揃ってないのを見た瞬間処分してしまう事もしばしばなのですが、今回は何故か“二話以降”という中途半端な事がわかっていながら再生ボタンを押す。

 ・・・ありがとう、その時の俺。(?

 この時の気まぐれがなければ、私はこの作品を見ることはなかったのでしょう。後から思えばとても危うく恐ろしい事でした。

 さて、既に賞賛入ってるところを見てお分かりでしょうが、近年稀に見ぬ感動の良作でした。例えるなら

 あのうみ〜♪

 と同等以上の感動に出会えたのは本当に久しぶりな気がします。第十話の「おかあさん!」(何処のそれかは敢えて言わない)はもう、とてつもない破壊力で涙腺ダムを壊しに掛かり、絶対防御不能。間違っても他人が居る場所では見れない(恥ずかしすぎる)ほどの涙腺破壊力です。
 タイトルの記憶はないですが最近でも少しは“うるっ”っと来るものがあったと思うのですが、防御体勢間違えなければ耐えれば乗り切れるものばかりだったのですけど、これだけは今現在5回くらい見直してるけど、全戦全敗くらいました。後に続く第十一話で更に追い討ち掛けられるからもうどうしようもない。

 録画した分を見終わった後で調べた所、抜けていたのは一話・二話・六話・七話と判明。一話がなかった時点でPSストアなんかでDLビデオ探したのですが、最終回まで見終えた時点で

 ブルーレイ全巻即買余裕でした。

 何の抵抗もなかった。これ書いてる今もBD観ながら書いてる
 失敗残念買物で結構今月(というか来月の支払い)お財布が厳しかったのですけど、全くの後悔も無い。むしろ四話+EX話観れるなら全然OKな感じで。

 大分昔にも日記で書いた覚えがあるのですけど、私がBDなりDVDを買うのはその作品が“何度でも観たくなる作品”であるか否か。なので一度TV録画・ないしはレンタルなんかで一度以上観てからそれでも尚という作品にしか手を出しません。基本コレクター趣味はないので並べて満足するたちでも無く“何回でも見れればいい”というスタイルなので、実はディスクで作品を持つのは不便なんですよね。データとしてHDDに入れておいて観たいときはいつでも何処からでも好きなところを見たい。少なくともディスクの交換無しで見たいので、そういう人のために多少映像落として要領削った一括版みたいなのを出してくれると私みたいな“見たいだけ”の人間には非常に手が出しやすくなるのですが。後、昔あったCDチェンジャーみたいなディスクチェンジャーを出して欲しいんですけど、世間的にはこういうのって“そういう価値”で見られること薄いから、流石に無理ですかね。

 何やらこの作品も原作(小説?)があるっぽいのですが、アニメがもの凄く好きになってしまったので、しばらくは(原作者の方には大変申し訳ないのですが)Wikiとか広げて調べることはしません。また、何事も斜めからものを見ない人達が作品の世界観の外から見下ろしてアレがおかしいコレ変だとかツッコミどころも無きにしも非ずで、加えて原作ならあーだこーだとあるかもしれませんが、敢えてそこはノータッチで今の余韻を素直に楽しみたいと思います。


18/9/2(

 8月にもう一回くらい更新したかったのですが、気がつけば既に9月だったのだけど気にしない。こんばんは、taka2です。

  

 という訳(?)で、claviさんには散々つっこまれましたが、ほんのりPSO2に戻ってきました
 EDF5がトロフィーコンプに手が届き、武器強化残ってるからまだまだ遊ぶんだよ! と思っていたのですけど、思いのほかやる気が沸かず(やる気が下がり?)、某ロボゲーのハズれっぷりに心を痛めて病んでしまった勢いで

今なら漏れなく復帰者にスクラッチ券を毎日プレゼント♪

 的な釣り文句にまんまと掛かってほいほいオラクルに戻ってまいりました。一応きっかけは会社の後輩にPSOプレイヤーがいて、現状の話を聞いたところストーリーに興味沸いたのでそっちだけ見てみるか、っていうのが建前みたいなものなのですが、復帰から二週間くらいたちますけど基本的なスタイルはだらだらしながら遊び気分で緊急に出る、みたいな感じ。で、話には聞いていたのですけど

 もう、迷走っぷりがハンパない

 というのが現状の感想。
 せっかく難易度高くて攻略しがいのある───逆にライトユーザーからしてみれば寄生プレイする以外に手も足も出ないみたいなミッションが軒並み潰され、だけどそれじゃヘビーユーザーが納得しないというジレンマの狭間で難易度というより条件だけ厳しくして蓋を開ければ単なるパワーゲーム(単純に言い換えればマネーゲーム)的な、一体これの何処に“遊びと楽しみ”があるの? と首を傾げたくなるそんな、不透明感というか澱んだ世界が広がってるという印象。

 前にもどこかで書いた気がしますけど、極論すればこういうゲームで私が一番楽しんでいるというか目的にするのは“レベリング”であり、現状引退したときから+5LVの開放がなされて且つ開放条件がやたら緩くなっていることもあり、特に装備面を気にしないで適当にレベルを上げつつ物語を進めるかな、っていうのが今のスタイル。

 色々システムの変更があったり広がりがあったりで、当時でも全然把握してなかったのにまた別のバランスラインで新要素盛られると、いくらボーナスもりもり出されても復帰者は目を回すだけっていう事に気づかないのかな。

 レベリングが好き、とかいう私みたいな物好きじゃない限り、大半はボーナス貰うだけ貰って即また離れると思うのですけどね。


18/12/31(月)年末・年始休暇中

 色々と事情で時間に追われて“せめて一ヶ月に一度は更新”ルールすら守れなくなったこの年末。
 10月は本当に気がついたら31日の夜だったという光の速さで、そのネタを使おうと11月は更新するつもりだったのですが、10月半ばから体調を崩して11月頃には激痛と共に胸を患ってしまい

・・・俺、年内にちねるんじゃね?

 と真面目に考えるほどに苦しかったので何も出来なかったのですけど───って言う、まぁ別に嘘や言い訳ではなく本当の事なので始まりの文句としては正しいものだとは思うのですが、大晦日を控えて2018年最後の更新をしようとエディッタを立ち上げて前回のログに目を通した所で思い知らされました。

  

いや、んな事じゃなく、普通にPSOのやりすぎじゃね?

  

 使える時間のほぼ全てを費やした時間浪費オンライン。
 そうか・・・もう半年以上こんな感じだと思っていたのですけど、コレは9月からの流れだったのか完全に忘れてた。
 という訳で2018年最後のこんばんは、taka2です。

  

 さて恒例というか定番の“今年を振り返る”。正直リアル事情の方が芳しくなく、ここ数年と比べてやたら中身の無い一年だったなという感じしかないのですがそれはさておき、趣味な視点から振り返っていきましょう。
 リアル事情のストレスが原因なのは一目瞭然なのですが、何かやたら衝動買いしてしまった感のある一年でしたね。ちなみに最近(というよりつい一週間ほど前)の事なのですが、全く走らせるつもりもないのにラジコンを買ってしまいました。

タミヤ アバンテ ブラックスペシャル

 復刻再販もので、オリジナルが発売されたのは私が中学生の頃だからもう30年近く前のモデルなんですね。完全にクラッシックコレクション!
 その当時、タミヤファンを自称する私としては画期的を通り越して革新的なモデルに一目ぼれしてしまい、諸々お金を貯めまくって購入するつもりだったのです。ですが、当時RCレースに結構熱を上げていまして、革新的ではあるけどスペックとしては京商オプティマシリーズに劣るとも勝らないこのマシンにこれまた同マシンより1万以上高い上にオプション込みで考えると3万くらいの金額差が出るんじゃないか? という“デメリットの重り”にどうしても耐えられず、結果楽な(?)道を選んだ(オプティマ購入)当時の私

 後々この選択の誤りを一生後悔することになり、そして“自分の生き方”を確認する事が出来た失敗の経験となる。

 私が頑なに“自分のスタイルを貫く”的な事を言って周りの人達に“taka2はいう事を聞かない”とか言われるのは、そもこの時の経験から“自分がその時一番と思ったもの(こと)がその時の自分にとっての正解”という答えを出しているからであって、決して周りの意見を無視しているわけではないのですよ。っていうか、他人に干渉して自分の思い通りにならないとこちらに非を向けるっていう方がどうなのよと思うんだけど?

  

 ・・・何かまだまだ語り足りないのですが、アバンテだけで明日の朝までログが埋まってしまいそうなのでここらでやめときましょう。

 ゲーム外の衝動買いとしてはHDDレコーダーでしょうか。何かこのネタどっかでやってつもりだったからスルーしようかなと思ってたのですが“トルネが限界来てる”とまで書いてHDDレコーダーのくだりは書いてなかった(と思う)ので、ここに使用レビューを。

 クソですね。(ずばーん

 トルネの録画件数制限のやりとりに疲れて購入を決め、とりあえずソニーの当時最新型(型番調べるのも億劫)を店に行って一直線に売り場に向って店員さんに指差して「コレください」って買ってきたのですが、その選択のしかたとかあっさりしすぎている買物のやり方とかの突っ込みはさておき、肝心の機械性能が終わって過ぎる
 よくよく考えたら3D(オンライン)ゲームすら稼動させるPS3の処理性能とインターフェース性能比べるとそれは劣るのかもしれませんが、ならばもっと軽いメニュー画面とか操作方法がいくらでもあるはずなのに、何かその辺適当に考えているのかはたまた、私が思っている以上にソニーという会社(の社員)は馬鹿なのか判りませんが、正直最低限の使用レベルすらクリアしていない気がする。加えて普通にBDディスクを差し込んで再生しようと思っても、やたら作動不良を起こすという、一体コレは何の専用機なの? と涙が出そうになる。
 色々見ると他社のHDDレコーダーなら“まだマシ”なものがあるらしいですが、調べて見ている感じではどんぐりの背比べな印象。録画を考えない、ないしは録画してもすぐに見て消していくという人はHDDレコーダーではなくPS4+トルネをお勧めします。操作ストレスがまるで違うので。

  

 何か思い切り酔っ払いながら書いてるのでやたら中身は無いしまとまりも無いけど時間も無い(現在19時半)のでこのまま突っ走ります。最後はゲームの話題

 冒頭で触れていますが、9月に復帰して以来結局オラクル船団に行ったっきり戻ってこれ無いPSO2オンライン生活。帰宅して、ご飯食べながらPSO起動してメニュー操作消化して、食べ終わったら緊急出撃(ないしはルーティン作業)という、やりながら

俺はいつまでこんな事続けるんだ?

 と、暗闇の絶望を覗いてるかのような疑問を見てみぬ振りしながら飽きもしないでレベリング。12月前後?に一旦当時のレベルキャップに全職業が到達してこの無限ループから離脱できそうなチャンスがあったのですが

 そこへ狙い済ましたかのようなレベルキャップ開放が。(死

 ホントマジ、あのタイミングでキャップ開放がきたのは何かの呪いかと思った
 そんな訳でいまも元気にレベリング中。時間的な制限が厳しすぎるので完全な一人オンラインになってしまって、オンラインゲームの最大の面白みと言ってもいい“他者とのコミュニケーション”を全く無視しながらのゲームプレイは実の所不満あるのですが、そこは仕方ないと割り切って果て無きレベルキャップとの戦いに挑むのです。

  

 さてはて、絶賛PSO稼働中にも関わらず、新しいゲーム買ったって積んで終わりなのはわかっていたのですが、手を出さずにはいられない。ましてはシリーズ物でやっているものならば尚更で“閃の軌跡IV”の発売は結構疎ましかったといわざるを得ない
 前作“III”で一回クリアしてから一度も周回プレイをしなかった時点で、私にしては珍しくRPGゲームを飽きもしないで何度も周回した“II”の熱は何処へやら。

 何で育てたヒロインキャラをリストラした?

 いや居るんですけど、何かもうサブキャラ扱いみたいになってて、凄くやる気が失せた。その続編たる4で何かが変わるのかと思いきや、冒頭からまさかの主人公がリストラされるという暴挙に出られて(注:私の感想を書いているだけであって物語的にそういう流れになっているだけです)もはやモチベーションを保つ事ができず

緊急(PSO2)でないと駄目だからプレイできないな

 と、ゲーム自体がリストラされて積み状態。いや、なんかクライマックスまで行ったらこれまでのシリーズキャラが総出演!みたいな熱い展開になってるらしいのですが、そんな遠い話よりも今は目の前の緊急が大事なので、気が向くまで放置決定なタイトルになってしまいました。

  

 うおお・・・アルコールの進み具合がとんでもなく一体今時分が何書いてるのかよく判らなくなってきましたが、おもしろいのでこのまま行きます。
 ずっと頭の中で日記書いてた(つもり)だったので、PUBGの話もしたつもりでいたのですが、今ログを読み返してみると一度も触れていないみたい(酔ってて見えてなかっただけかも?)なのでそのお話も。

 経緯は省きますが少し前にPUBGがやりたくなって、claviさんのお勧めもあってSteamのアカウントを取ってDL購入したのですよね。なのですが、PSO2が(最低環境で)動いていたから何とかなるかなと思っていたら、当然の如くゲームになんか全く対応していない廉価版ノートPCで3Dゲームが動くはずも無く

 ならば新型PCを買わなければなるまい。

 という流れに。
 もういい加減動画ファイル開くのも重いこのPCでいつまで凌ぐのか、という感じは前々からあったのですが、据え置き型PCを購入するとなると、その置き場所の整理からはじめなければならないという問題の壁がいつも越えられなくて今まで来てしまったのですけど、この際いい機会だから一切合財やってしまおうと一念発起。購入PCの具体的なスペックと最終的な価格を(PSOしながら)調べていざ! というタイミングでこれまた

 PUBG PS4版を発表。

 ゲームはパッドでやらないとおもしろくない派の私としては渡りに船。一気に面倒を放り投げてPS4版を予約しました。
 で、結局PSOのせいで積んだ、とは言わないけれど、年末のアイテム集めに忙しい中、PUBGに割ける時間は少なくいまだ手探り状態。一応10戦程度のソロバトロイ出撃はしましたが、未だ1キルを取れてすらいないへっぽこ状態で、お恥ずかしい限り。
 ですが、そもそもこのゲームをやりたいと思った理由は、少しMAGを思い出させる広大なフィールドを緊張感と隣りあわせで駆けられる、というものだった(のでフォートナイトはやらない)ので、その点に関しては十二分に堪能できました。時間の取れるこの年末年始の休暇中はガシガシ出撃してバシバシやられに行きたいところです。

  

 今年一番の衝動買い大賞(?)は間違いなくアバンテ君で決まりで、これ以降は流石にもう無いなと思っていた所に“半額セール”の名の下、年末最後の最後に一発やらかしてしまいました。

バレットガールズ ファンタジア←※日記更新時には何故かD3のサイトにアクセス不能でした

 もうポチる前から積みゲー確定の予感。
 ゲームシステムというか内容はともかく(?)、前作をVitaで遊んだ限りではPVを見た感じそのままにおもしろいアクションシューティングゲームで、是非に大きい画面とPSのパッドで遊んでみたいと思っていたところに新作がPS4で発売。そのタイミングで即購入でもよかったのですが、当時何かの理由(他のゲームにハマってた、じゃ無かったと思う)でゲームに時間を避けなかった事もあって購入を見送り、その後放置していたのですが、年末の半額セールタイトルを何気に眺めていた所その中にこのゲームが含まれていたので、衝動で購入。

 だが、気づくべきだった。こんなにも早く半額になる理由を。

 やってみてすぐにわかりました。売れないゲームの大半の理由“ロードが長い”。この問題はあいまいにしてしかしどこかに必ず“ボーダーライン”ってものが存在して、その最低限のボーダーを割ってしまうと、いくら中身がよろしくてもどうしようもない。

 単純に、テンポが悪すぎて、プレイしたいと思わなくなる。

 キャラはかわいいし小難しいこと考えないで引き金引けるTPSは楽しいのですが、やはりこのロード時間はテンポが悪すぎて無駄に疲れる。
 まだステージ1しか触ってませんけど、間違いなく50%オフの理由はここですね。逆に言えばそこを気にしないというのなら、安価で遊べるゲームなのではないかと思うのですが。

  

 という訳で除夜の鐘が迫ってまいりました。だらだら書いてる間に二本も空けてしまったので酔いがハンパなく、しらふじゃ読めない文章になってしまいましたが、たまには良し。一年の締めくくりにしては締まらない内容になってしまいましたが、今年の一年を無駄にしないように来年も色々とがんばっていきたいと思います。

 それでは皆様、良いお年を。


Back Page Top