Back

2019年 1月

月間最新日記


19/1/1(年末・年始休暇中

 今年はちゃんと言えます。

 あけましておめでとうございます。

 性懲りも無く今年も続けますのでよろしくお願いいたします。

  

 過去ログページ作るのに一昨年のログページを覗いてみてわかったのですが、2017年って元旦のログたった一日だったのですね。今年も大概だったと思っていたのですけど、まさか日記・月記どころか年記になっていたとわ・・・。

 まぁ、確かにその年は色々と心が折れてたな。(黒

 その辺の判断がどちらとも付かずにずるずると昨年は引きずった感じですか。まぁ、そんなどうでも良い事はさておき平常運転でまいります、こんばんはtaka2です。

  

 という訳でclaviさんの白い目がネットワーク越しに突き刺さるのを感じながら相も変わらずPSO。が、今回のタイミングだけは少し違って、年明け早々に実施された“能力追加ブースト期間”
 二度ほど引退・復帰している間にずっと使いまわしていた防具が流石に現状性能不足(ワンミス>即死)なので新規で防具を作ろうと。で、作るならそれなりの汎用性能持たせて前回同様長く使おう(この辺がぬるプレイヤー)と思い、今自分に手が出せる結構ぎりぎりの所まで作りこむために、加工成功率にブーストが掛かる(これで成功率がオール100%になる)このタイミングをずっと狙っていたのです。
 で、年末からちまちまとできる準備を進めていざ年明けに完成させてみたのですが

  

 魂抜けるかと思った。。。_| ̄|○

  

 凄い勢いで失われていくメセタ(ゲーム内マネー)と高額素材
 私、目的の為とはいえ何にしても“貯めたものを失う”というのに凄く耐性がなくて、この加工のために素材と資金を貯めていたのだからそれに使うのは正しいのですけど、今まで苦労して貯めてきたものがこの一瞬で失われると思うと、なんだかもの凄い喪失感に襲われて目的が達成されて嬉しいというよりも、何か酷く疲れた感じがして

 本当にこれでよかったのか?

 と、もの凄い微妙な感じ。まぁ、そこに課金使った公式リアルマネートレードとか使ってない(使ったのは時間)ので良かったのですけど。

 ともあれ、そんな感じで大晦日>元旦も、ここ数年見慣れたPSOで過ごしてしまいました。体調が悪いのであまり家から出られない(切実)からゲームに染まるのは仕方ないにせよ、ちょっと違うこともしてみたい───っていうかアバンテ(ラジコン)組み立てたいのですが、ほんのり面白味を増してきているバレットガールズの続きもやりたい・・・ああ、そうそう、正月早々これはマズいかなと思っていたのですけどやっぱりいっておきましょう。

 祝! PUBG1キル達成!(新年早々の仮想殺生

 いやね、普通にね、嬉しかったのね?

 という訳で本年もよろしくお願いいたします。


19/1/2(火)年末・年始休暇中

 寝る前になんか忘れてるなーって思いながら布団に入ろうとする直前に日記書いてなかったことに気付いたのであわてて更新。日付変わってるけどせめて休暇中の間だけはちゃんと“日記”しようと思うので、思いついた短めのネタを。

 人生色々ありますが、その色々の中でも“不思議体験”なんてものは何十年も生きてると一つや二つはあるわけですよ。不思議体験っていうと、どうしても霊感系のお話が出がちですが、むしろそれも“霊感”で説明できてしまう、と考えると不思議ではないのです。

 さて、私がふと思い出した不思議体験。結構人にも言ってるのですがあまりにも微妙なものなので話してもそんなに不思議がられないのですが、体験した本人からすれば考えれば考えるほど不思議というか非現実的な現象だったのですよね。つまり

  

 髪の毛が、皮膚に刺さってた。

  

 これね、人に言うとね? 返ってくる言葉は十中八九「単に長く伸びだ毛だよ」って説明も聞かずに記って落とされるんですけど、そんな事子供じゃない(確か当時成人してたか、幼くても高校生くらいだった)のだから見りゃ判りますよわざわざ言ってるのは、あきらかにそれは“長く伸びた体毛”じゃなくて、“皮膚に刺さってる長い毛”だったのです。

 状況詳しく説明したいのですが、眠すぎて落ちそうなので今日はここまで。中途半端ですいません。


19/1/3(木)年末・年始休暇中

 寝る前に睡魔に耐えながら慌てて更新作業したのに、書き終えたところで安心して即落ちした所、今朝になって

・・・アップロードしてねーんじゃね?

 って気付いて_| ̄|○だった。こんばんはtaka2です。

  

 PSOでエネミーをぶった切り、PUBGで武装しながら荒野を走り回り(そして撃たれ)、バレットガールズで異形をマシンガンで乱射する。

 殺伐としてるよ!

 最後のも女の子かわいいからってやってること物騒だし。
 で、少しそういうのから離れようと久しぶりにグランツろう(訳:グランツーリスモスポーツをする)と思い、最近にしては珍しくディスク版を購入していたので外していたディスクをスロットにインサートした所

 かかっ!かかっ!・・・ぐいんぐいん・・・かかっ!かかっ!・・・かかっ!かかっ!・・・

 何かドライブが変な音します。普通なら“ふぃーん!”という軽いFの音が鳴るのに明らかに変だ。そして現れる不穏な表示

  

認識できないディスク

  

 ええええええええ?

  

 まさかの読み込み不良。

 いや、不明も何も、グランツーリスモのディスクですよ?

 取り出してディスクを見てみるものの、目立った汚れも傷も無い(つけた覚えも無いのであるはずが無い)。嫌な予感がしてドライブを調べる為に別のディスク(四女神オンライン)を取り出しスロットに差し込んでみた所

 ふぃーん・・・

 あれ?

 正常に動くし認識する。目に見えてない汚れがあるのかなと一応ディスクを拭いたりして何度かリトライしてみるものの、何故かGTのディスクは読み込まない。意味がわからないので、とりあえずネットで調べてみると一応の原因らしきものがわかりました。
 どうにもドライブ不良(レンズ不良)が起こっているのは間違いないらしく、じゃあ何故他のディスクは大丈夫なのかといえば、GTはデータ量が多いために少しの読み込み不良でもディスクの認識ができなくなるという事なのですけど

 起動ディスクなのに??

 なにやら納得できないですが仕方ありません。

 本体をPro版に乗り換えようかなとも考えていたのでそのまま放置でも良かったのですが、やりたいと思った事がやれなくなるっていうのは思いのほかストレスだったので

 DL版を買いました。(死

 キャンペーン中で安売りされていたのだけが唯一の救いです。。。

 まぁ、ドライブ不良はそろそろ埃のつまり具合が危ないなと思っていながらファンがフル活動する夏の間に掃除を怠ってしまったことが原因なんでしょうね。その間にディスクも差しっぱなし(GTやってたし)だったことも原因の一つではないかと思いますが、年末にやたらと衝動買いをした後の出費だったのでちょっと痛い出費ですね。

 PSOに(運営様に向けて)鬼課金しようと思ってたところだったに。

 ちょっときびしい。


19/1/4(金)年末・年始休暇中

 安定して日課になりつつある寝る前更新を行う為、そろそろ日記を書き出そうかなと思ったその直後

 とてつもない身体の痛みを覚えて悶絶。(涙

 起きてる事が辛かったので無理でした。@翌日付け足し更新


19/1/5(年末・年始休暇中

 昨年・一昨年に比べて多少は休暇日数が多かった事もあり、今年のお正月休暇は日に追われることなくのんびりすることができたのですが

 やっぱり、終わりが近づくと憂鬱になるのは変わらない。_| ̄|○

 仕事したくねぇ・・・。
 リアルブルーでお送りするまだ一日あるから心に余裕のあるtaka2ですこんばんは曜日がずっと間違ってたよ(死

  

 PUBGの祝2キル&初トップ10入り(引き篭もって最後は電磁パルス死)に喜びつつ、最近もっぱら遊んでいるのはPSOではなくバレットガールズ

 地味に、手軽で楽しい

 女の子のバカわいい感じがゲームシステムの殺伐さを相殺し、且つ無双系の如くわらわら沸いてくるエネミーを頭悪そうなマシンガン連射でなぎ倒すの超楽しい。

 何も考えなくていいって、素晴らしい。。。(空頭

 厳しい事いえば、やはりVita製のゲームをPS4用に水増しした感のある出来なので、絵はともかく内容は同じことの繰り返し感あって、(プレイヤーのやり込み度が生まれない限り)ゲームとしては底が浅くて飽きるのが早そうなので、フルプライスで買うのはちょっとキツいかな。

  

 さて、休みも終わりに差し掛かったところで、年末に触れていたアバンテ(ラジコンバギー)の箱を眺めるたびに組み立てたくて、そして走らせてみたくてうずうずしてきたので色々調べ始めたのですが

 流石に20年以上のギャップは早々に埋まらない。

 シャーシの進化なんてレースするわけでもないのでどうでもいいのですが、操作系の勝手が変わりすぎててよく判らない。

 俗に言われる“本格的なラジコン”と称される“ホビーラジコン”は、子供向けラジコン“トイラジコン”と比べて本体キットを組み立てるだけでは動かないのです。最低限

1.シャーシキット(車両本体)

2.プロポセット(送信機・・・手に持って操作するやつ+受信機・・・車側の電波受信アンテナ機)

3.ステアリングサーボ(前輪の舵を切るためのモーター)+スピードコントローラーアンプ

4.バッテリー(及充電器)

 を揃えて初めて走らせることが出来るのです。2と3に関してはビギナー&エントリーモデルならセットであるので、最初はそれを選ぶのがベター。ちなみにこれは走らせるに必要な“最低限のマテリアル”であって、ここから更に組み立てやメンテに必要な工具やケミカル剤(オイルやグリス等。最低限シャーシキットに付属はしてる)が必要になってきたり、後、ボディは基本的に“ポリカーボネード(通称:ポリカボ)”って言われる透明のボディが成型状態で付属(ある程度の不要部分を自分でハサミで切って形にする)してくるので、知ってる人からすれば常識なのですが、全くホビーRC知らない人が予備知識無しで(大体店の人に聞いて“大丈夫、簡単に作れますよ!”の言葉に騙される)キットを手に入れて一番最初に面食らうのがコレ。つまり、工具はハサミで良いとして、ボディ塗装用の塗料(スプレー等)が必要。二色以上使うならその他にもエトセトラ。

 段々説明が長くなってきましたね。軽くネタとして流すつもりだったのですが、調子出てきたのでこのままいきます。余談ですが、このトイラジコンとホビーラジコンとのギャップの差が大きすぎたのを埋めるため、最近は大手メーカーから“完成品フルセットモデル”なるものがあるらしい。動かすだけ、あるいはこれから始めたいけど工作知識と技術がまだ追いつかないって人はこちらをお勧め。

 過去ログで“走らせるつもりが無い”と私が書いていた(よね?)のは正にこの点で、その辺を全く用意してない。一応、プロポセット・バッテリーは以前使っていたものが4〜5セットある(なんと当時のハイエンドモデルを一機所持してる)ので転用できなくも無いのですが、どうにもこの20年余りで電波事情が変わってる気がするので、旧周波数を使うプロポが環境的に使えない可能性がありますし、それ以上に20年も放置していたバッテリーが今更使えるとも思えない(使えてもまともなパワーでない)ので、このどちらも新調は確定。サーボはコネクタさえ合うならつかえるかもしれないですが、アンプはモータースペックに合わせないと駄目なので、多分使えないかな。

 そのアンプですが、私が最後にRCに触れていた時、それまで使っていたアンプから進化した“高周波モデル”ってのが出てきてたのですよね。で、別にガチでレースするわけではない(でもレースに出た)し、ある程度のスピードレンジ保てるなら後はドライバー(オペレーター)の差で勝負できるでしょ、と当時でも旧型を使い続けていたのですけど、そこからまだ先に進んで一体何世代先にいったのか、チラリとアンプカタログを覗いてみたらスペックやらステータスやらが見た事無いものになってて意味不明。以前はそこに書かれてる数字見ただけで「あー、なるほど」的な感じだったのですが、いまや単なる暗号にしか見えない。
 更に話をややこしくしているのが、私が買ったアバンテは前に書きましたが“復刻版”モデルであり、現行新品で手に入れはしたものの、作りは20年前のもの─── 一応、7年前にリファインされたものなので丸ごとクラッシックではないですが、“どこまで”現行装備を持っていいのかというレベルもよく判りません。

 ええ、もう、完全にオタクなお話です。

 だからラジコン大好きです。
 っとまぁ、そんな感じで当時のオタク魂に火がついてしまい、もはやどうしようもない。復刻モデルだけにあってパーツ失うとどうしようもなくなりそう(最悪もう整備用の一個シャーシ買わないと駄目)なので、あまり現実的ではありませんが、やはり作るからには“動かせる状態まで”もって行きたい。
 だけど最後の難問はプロポで、私は三和製のスティックプロポじゃないと嫌だっていう変なこだわりがあるのです。当時からもう世間の主流派ホイラータイプに移行してて、スティックタイプのプロポはビギナーモデルかハイエンドのどっちかって選択に迫られるほどモデルが無く、更にそこから進みに進んで今となってはビギナーモデルすら存在しなくて、当時から今もハイエンドの座に居座り続ける“エグゼス(プロポ名)”が

 8万とか、ありえない。_| ̄|○

 色々な意味でちょこっと趣味で出せる金額ではない。

 ホイラータイプなら二万前後のお手ごろ(この辺買わないと色々セットアップできなくて不満出る)なものあるのですが、どうにも過去のトラウマ(省略)があってホイラータイプは動かせるけど苦手なんですよね。

 まぁ、流石にハイスペックプロポは勿体無いので、そこは妥協してミドルレンジホイラータイプを使うことにして・・・と、色々調べたいことがあるので、ネットショップじゃなく、RCショップに行ってお店で色々聞きたいのですが、

 近隣のショップが絶滅してて、どうしようもない。(目幅涙

 一番の問題はやっぱこれですね。。。


19/1/6(年末・年始休暇中

 という訳で明日からまた、平常運転に戻りますので

 最悪、これが今年の最後の更新になりかねない(闇

 って、言うのは洒落にならないので、色々やりくしてもう少し更新頻度を上げていこう、というのを今年(例年?)の豊富にして、本日は時間も無いのでこれまでのtaka2でしたおやすみなさい。


19/1/17(木)

 連休にも更新しなかったのに平日の真っ只中に更新しようと思ったことには訳がある。

 ちなみに連休は会社の新年会があったので実質連休じゃなかったのだけどもそれはさておき、本日“エースコンバット7 スカイズ・アンノウン”が発売されたわけなのですが、正直、積みゲー貯まりすぎてこの時期に新作は迷惑だったのです。

 個人的三大ゲーム(アーマードコア・グランツーリスモ・エースコンバット)に挙げているタイトルの一つだったので無視するわけにはいかず、さりとて他の二つ(一つは完全におわりましたが)も毎度期待するだけ無駄って感じで“空”のエースコンバットも前作に当たる“インフィニティ”の印象がよろしくなかったので今作限りで見切りをつけるか、なんてやる前から勝手に幻滅してたのです。

 で、今日。
 まるで興味なかったので一切情報を調べず、一応これまでの感謝と決別の意味をこめてDL版のデラックスバージョン買っていたのですが、そこにエースコンバット5が同梱してたのは驚いたし少し嬉しかった。新作どうでもいいから先に5から触ろうかなと思いつつ、いやいや、流石にそれはアレだよねってことで7を起動させてみたのですが

 あれ

 流れるプロローグムービー。

 あれ??

 始まるファーストミッション。

 あれれ??

 久方ぶりの、“空”。

  

 なんだこの“わくわく感”??

  

 冷めていた胸の奥に、熱が沸くこの感じ。

 主人公とは違う目線からムービーが流れて並行進行?していくのは名作4をなぞらえているのでしょうか。焼きまわし二番煎じと揶揄するのは簡単ですが、純粋にこの展開はおもしろい。

 とはいってもまだ(これ書いている時点では)1ミッションクリアして二番目のムービー見ただけなので、この後どれだけテンションが上がり下がりするのかわかりませんが、しかして初見の手応えは久しぶりに良い意味で裏切られて嬉しかったです。

 これはしばらく緊急出撃(PSO2)を無視してエースにハマりそう。開放されたツリーに未だ見つけられないF−15アクティブ(MTD)を見つけたらテンション爆上がりだよね!


Back Page Top