Top/Back taka2 Raven's Novel Active Present BBS Chat Link

AC3SL対戦レポートNo.03
わらしべオフ会 in ミニット宅
(’03年7月25日〜26日)

(トップ画像準備中(かも))
(C)1997-2003 FromSoftware,Inc. All rights reserved.

 定期化してきているACオフ会ですが、今回もまたなんとなくやる事になりました。あまりにも何となくすぎて参加者にして今回の集合場所提供者であるミニットさんが前々日に「え?そんな約束ありましたっけ?(汗」と忘れていたほどです。
 というわけで今回も代わり映えのしない面子+アルファでオフ会してきました。その内容を私ことtaka2の視点からレポートしたいと思います。
 多少、深夜の記憶が錯綜しているので、実際の時間軸とずれている箇所があるかと思いますが、その辺の細かい事はつっこまないでください参加者諸君(汗

貸しましょうか?ティアリングサーガ
 オフ会のきっかけは二週間前(7月15日前後)IRCチャット上の三人(claviさん・ミニットさん・私)の会話。
 何やら“彼ら好み系(多くは語るまい…)”ゲームの話題で二人が盛り上がり、それらお互いに持っているソフトを貸し出しましょうか、という流れに。また私がclaviさんに旧PCで使っていたキャプチャーボードを譲りましょうという話をあげたところで、丁度───当選の是非は別にして───公式大会用に考えていた機体・戦術を試したかった事もあって

taka2:「じゃあ本当にオフ会しちゃいましょうか

 という流れに。“いつもの面子”という事と私が借り物を返す意味合いもあって、後日Andersongさんもメールで呼びかけ参加意思を確認しました。

ミッション名:強行偵察
 そこで日程合わせになったのですが、ミニットさんが翌週は予定があるとの事でさらに一週間予定を延ばし、25日(金)〜26日(土)で全員の予定が一致。時間の方がclaviさんの仕事上がり時間で流動的だということもあってこの時点では保留ということで。
 次に集合場所ですが、この面子だといつものは集まりやすいclaviさん宅かAndersongさん宅に集まるのですが、どちらに集まるにせよこれまでミニットさんの交通費と移動労力に負担をかけていたので、今回はミニットさん宅に集まりましょうと私が提案。これが当人の了承も得られて決定。これには私の思惑以外に各人色々な思惑が飛び交っていたとかいなかったとか・・・・・?
 最終的な時間ですが、やはりclaviさんの仕事終了時刻が流動的で、とりあえず諸事情があって夕方から動かなくてはならないAndersongさんが電車で先行し、20時前後に入るclaviさんからの状況報告電話を待って私が21時まで待機し、追ってclaviさんを乗せて(最悪一人で)出発、という事になりました。

つまらないものですが
 日程のすり合わせをした後日、Andersongさんとのチャットで「何かお土産を持っていった方がいいのではないか?」という話になり、“京都キティちゃん”とかいう拷問セレクトも上がったりしましたが、結局私のアルバイト先の近所にある微妙に有名らしい“ふたばの豆もち(←で検索してみよう)”を買っていきましょう、という方向で決定。
 そしてオフ会当日の夕方、お店の前まで行って並びまでしたのですが、そこでもう一度一考。私達が現地につくのは早くても21時を過ぎる事になるでしょうし、それから時間的な事を考えれば家の方に食べてもらうのは翌日以降、“固くなるので当日にお召し上がりください”と注意書きまでされた豆もちを1日近く置く事になるのは忍びなかったので、急遽お土産の品を変更。“京菓子處 鼓月”にて“華”を購入。夏故に水菓子にしようかと思ったのですが自分の好みで独断選考。
 関係ないですが私が出歩いていたその時だけ雨が降ってました。

意外性は突然に
 夕食を軽く済ませゲームの誘惑を振り切り、出発の準備に取り掛かろうとカバンを開いた19時頃、不意に携帯電話に着信音が。“AC関係者”を告げるメロディを聞いて少し前にお土産の状況をメールしたAndersongさんからの返信電話かと思いきや

clavi:「いやー、意外に仕事が早く終わったので今から帰ります

 との本当に意外な電話が。20時頃だと聞いていましたが、月末で仕事が忙しいとの事だったので、きっと帰宅は21時前後になるだろうな、と予想していたのですがそれが大きく外れてしまったようで。
 驚きはしましたが嬉しいイレギュラーだったので、慌てて準備しclaviさんを拾うべく準備を済ませて出発。大体予定していたより1時間ほど時間を稼ぐ事ができました。
 その1時間縮まった時間の中に、私にとって一つ重要な作業が残されていたという事に気付いたのはオフ会が終わって帰宅してからの事になります・・・・・。

グランツーリスモ
 結局claviさんを乗せ走り出したのが20時少し前。この分だと余裕で今日中(日付が変わる前)にはミニットさん宅につけるな、と目算。ナビのルート検索で予定到着時刻が22時辺りになっています。もう夜も遅くなってきているので道も混んでいないだろうから“もう少しだけ”短縮できそうな気配。それを見越して(?)エンジンオイルオイル交換を済ませた事ですし、ほんの少しだけアクセルは開き気味に。
 いや、本当に少しだけ。

遅刻レイヴンの名は伊達じゃない
 ルートの事前チェックをしていたお陰で道に迷うことなくミニットさん宅“近辺”についたのが21時30分ごろ(ちなみにtaka2宅〜ミニット宅は約100km程度とだけ言っておきましょう)。目印となるコンビニからミニットさん宅までは過去の記憶頼りだったのですが、少し記憶が薄かったようで自宅を見つけるまでに───暗い住宅街を不審者まるだしの怪しい動きをしながら───10分程かかり、自宅前についたところでようやく到着の報をいれます。出迎えてくれた面子に状況を聞いて見ると、どうやらAndersongさんが到着したものつい15分ほど前で、ミニットさんの呼びかけで遊びにきていたtomokaneさんが来たのも5分程度前の事だったとの事。時間がずれるのはいつもの事ですが、今回は───私達にとっては───良い方向にずれてくれたようです。

喜多方ラーメン・ねこねこ
 というわけで無事合流を果たし、事前の電話連絡通りみんなで夕食を食べに行く事に。知らないうちにというかミニットさんの脳内決定事項だったというか、夕食は“喜多方ラーメン・坂内”で食べる事に。私的にも一度食べてみたかったので大賛成です。
 そのまま私の車に全員乗り込み出発。ミニットさんのナビでお店の駐車場についた時、スペースの隅にねこを発見して違うところではしゃぐ私(ねこ〜ねこ〜)。名残惜しんでお店に入り噂に聞いていた“喜多方ラーメン”を食してみる事に。あっさり系のラーメンでコシのある麺がおいしかったです。

SILENTLINE
 お腹一杯になったところでミニットさん宅に戻り、持ち込んできたTVとミニットさんが妹さんの部屋から強奪用意してきたTVをセッティングし、いきなり三人バトルロイヤルの開始。座っていた場所の関係で私も先発メンバー三人の中に入ります。
 いつも通りというかなんと言うか、今回はそれほどヒキるつもりはなかったのですが、なぜか皆私を放置して他の二人とバトルを始めてしまうので、ここに割り込んで背中から銃を撃つのは悪いな、と遠くで静観していたならば

違う違う!狙うべき相手は他にいる!

 と突然その二人が協定を結び、一転して今度は1vs2の仁義無き戦いへと突入。まぁ、それにいたるまでの貯金APが大きかったのでこの時は逃げ切りましたが。
 しかしその後からは開始早々からいきなり連携プレーを組まれ、左右から挟撃されるなどいぢめられました・・・・・(涙

 そこからしばらくACで対戦。勝率はまずまず…っていうか二人に狙い撃ちされたら勝てませんって(泣
 ミニットさんは自機よりも強い愛着を感じつつある四脚ACを多く出して暴れまくり。多人数対戦で実弾防御が低い(しかしE防御特化)機体は何気に間違っている気がしないでもないですが、やけに勝率が高いのはその腕ゆえ───あと我々が弱いせい───でしょうか。
 そして最近ミサイリストになっているAndersongさんは四脚ありの二脚ありの。ただ、二脚でもミサイルを積んでいる分エネルギー効率が厳しい───それでも四脚に比べればマシだ!と本人談───ようで、ジェネ切れする場面がちらほらと。ジェネ切れしたらあきらめずに一生懸命ジャンプです!@涙ぐましい努力
 流石にACから離れていたtomokaneさんは私達相手には厳しい模様。ただでさえ爆雷+ブレードとこだわり特化の機体で“効率の代名詞”ともいえるダブルトリガー相手では機体構成から厳しすぎます。爆雷ミサイルについて強い憤りを感じているとかなんとか・・・・・。

地球防衛軍
 一通りACで遊んだ後、休憩を挟んでclaviさんがお勧めゲームとして持ち込んだ“地球防衛軍”を見てみることに。聞いてはいたのですが敵が蟻の大群っていうのはやっぱり背筋が寒くなります。動きがかなりリアルで”そういう動き”を忠実に再現してくれるものですから、“それ系”がダメな人は見ないほうが無難です。が、逆に大丈夫な人は一見の価値あり。壁面を這う蟻の動きとか。武器とかも色々種類があって面白そうです。私は怖くてやってないんですけど(汗
 まともに正視してられないので一人他の事(本を読んだり)してたんですがそのうち眠くなり、これまた毎度の如く私が真っ先にKO。運転疲れとか今朝早起きしすぎている(5時起き)とかいう理由もあったんですけどね。

サムライの名の下に
 小一時間ほどで目を覚ますと、丁度地球防衛軍を終えてACに戻ろうかとしているところ。ひょっとすると“AC”っていう単語に反応して起きたのかもしれません。
 ここで3onバトルロイヤルをやめ、通常の1vs1対戦に戻ります。ここで───私以外の皆はその事を気にしていないようですが───今回のACにおける主目的“公式大会へ向けての調整”を行う事に。一つは一回戦マップ“トレネシティ”における頂上ヒッキーは有効な戦術なのか?あるいはそれをとられた場合の対抗戦術は?というのと、もう一つは大会用に組んだ機体の実戦テスト。
 前者はイマイチ、後者は全然、っていうとほほな結果がでました・・・・・。

 やる事やってしまうとそろそろ行き詰まり感のあるACでは長続きしません。で、それぞれ対戦を終えた後に今度はミニットさんとclaviさんが“サムライスピリッツ”を開始。ミニットさん柳生十兵衛 vs claviさんシャルロットの激しい戦い・・・・ん?

お互い、もっと素直に本気になりましょうよ

 と内なる声がなにやらつぶやいています(ナコリム・・・)。
 が、やはり見ているだけだったので再び眠気に誘われ、二度目のKO。次のオフ会からは3KO制にする、っていうのも面白いかもしれませんね・・・・・(自虐)


※あともうちょっとだけ続く


Back