メインストリートへ アウトドアライフへ

初夏の森林浴 京都御所散策


Photo by taka2


 01/7/5の日記に書いている通り、ある朝突然
 「そう言えば暑くなってきたけどセミの声がしないな」
 と思い、煮詰まっていた頭をリラックスさせてやる為に出かけることにしました。目的地は京都御所。ここに来るのは中学生の時以来じゃないでしょうか?(^^;
 まだ夏も始まったばかりと言うのに、厳しい太陽が照りつける中自転車を飛ばして現地に赴きました。
 

←所内に入ってすぐの所で撮影

 

 現地到着。
 私は自転車に乗る際は結構スピードを出して走る方でして、暑い最中走っている間は風を切っているので涼しいのですが、止まった瞬間今までの運動量に比例する体温の高まりと、きつい陽射しと暑い気温が一気に襲ってきて、いきなりフラフラ状態になってしまいました(^^;

 

 

 

木陰の下、ベンチで休憩しながら撮影→

 

 所内に入るとなんだか不思議な気分になりましたね。
 結構交通量の激しい場所に御所はあるので、そこに辿り着くまでは車の騒音と排気ガスでうんざりしていたのですが、一歩御所の中に足を踏み入れると、そんな雑音が嘘のように消え去り奇妙な静寂に包まれた世界を目の当たりにします。まるで時間さえもゆっくりと流れている・・・いや止まっているようにも感じるほどの穏やかな空気が所内に充満しています。
 “結界が張られている”なんて言うのもまんざら嘘じゃないんじゃないかとも思ってしまいますね(笑)

 

 

←芝生の間の遊歩道

 

 一直線に置くに伸びる道。
 遠近法のお手本みたいな構図が大好きです(^-^)
 写真ではあまり判りませんが、道は細かい砂利が敷き詰められてまして、革靴を履いて出かけてきたので結構歩きにくかったです。
 失敗失敗(^^;

 

 

 私が小学生(ひょっとすると幼稚園)の頃、母方の祖父が御所に住み込みで働いていまして、その頃よく遊びに来ていたのでこの場所は結構思い出深い場所だったりするんですよね。
 今は懐かしの凧揚げをお正月に親戚のお兄さんとしていた時、このお兄さんが凧上げが非常に上手く目視で“点”になるほど上空まで凧を揚げていた(この頃、僕の視力は2.0を上回っていた筈なので相当高かった筈です)所、その様を見て回りの人が集まりだし、しまいには外国の観光客の人が
「モット!モット」
 と熱く叫んでいた事が今も記憶に残っています。自分が揚げている訳じゃないのに何故か誇らしげだったのが今思うと可笑しいですね(笑)

 日記に書いている“セミの声”は一応聞くことが出来たのでほっとしました。たまに御所の穏やかな雰囲気を味わいに来るのもいいかなと思った御所散策です。

アウトドアライフへ